交通事故被害は相手が逃げてしまう可能性のことも考える必要があります。そのため、交通事故に遭ってしまった場合、加害者の身元確認をしっかりしておく必要があります。連絡先や氏名をしっかり聞いておくようにしましょう。

後に警察が来て実況見分をするまで待っても、相手の情報を教えてくれるとは限る訳ではありません。警察が何もかもしてくれるとは思わない方が良いです。そして、交通事故が起こってしまったら当然警察にすぐに連絡をしなければなりません。

そのとき加害者が「警察を呼ばないでほしい」というかもしれません。「その場で示談をして欲しい」とお願いされるかもしれません。しかし、そのような要求には決して応じるべきではありません。きっと加害者の要求をそのままのめば、後に必要な損害賠償請求ができなくなってあなたにとっての不利益が発生してしまうことになります。

交通事故の示談というものは、事故現場で行うものではなく、後で状況が落ち着いて損害額が確定してから交渉するべきものです。相手が任意保険に加入していない場合には、保険会社を相手にして示談ということではなくて、相手方本人と示談交渉することになります。こっちが任意保険会社に入っている場合、通常のケースでは自分の保険会社と相手の保険会社が話し合いをして示談をすすめていきます。

Comments Are Closed!!!