兎に角私達は、突然事故に遭ってしまう可能性があります。何も法律のことも判らないまま、示談の流れまで持ち込まなければならないということがあるかもしれません。

そもそも示談って何……?と言っている人たちもいるでしょう。そのような人たちも、突然示談と向きあうかもしれないのです。まず判らないという人たちのために、示談についてのお話しからしていかなければなりません。

示談イコール慰謝料と思っている人たちもいるかもしれませんが、正確に言えば、イコールではありません。示談金とは、事故被害者の全ての損害を金額に換算し、被害者、加害者双方が合意した金額のことを言いその中には、治療費、休業損害、入院雑費、通院交通費も含まれており、プラスして、精神的な苦痛を金銭に換算する慰謝料が含まれて来ます。慰謝料というものは、示談金ではありますが、その一部に過ぎないものです

示談は、被害者と加害者の保険会社が示談する金額を決める話し合いのことを言います。交通事故にあってしまった被害者の人たちは、加害者と直接的に向きあうということではなくて、保険会社というプロフェッショナルと向きあっていかなければなりません。それはなかなか大変なことであり、それに対抗出来る程度の法律的知識を被害者の人が持っていればいいのですが。

示談とは、最後にいくら支払って解決するかというレベルの話し合いになりますので、 被害者のケガがしっかり完治してからスタートをしなければなりません。更に続けましょう。

Comments are closed.