示談の準備

示談の準備

運営者 No Comments

被害者のケガが完治してからという意味は、症状固定して後遺障害等級が決まってからという意味です。交通事故は、後遺障害の問題も絡んでしまう時があるので、安易に扱うことが出来ません。治療費などの実費は、具体的明確な金額が分かるものの、慰謝料といえば、話し合いで決める必要がある、曖昧な額に過ぎないのです。つまり、示談金の相場について考えるということは、慰謝料の相場について考えるということにはどうしてもなってしまうようです。

交通事故にあってしまったとき、示談に至るまでどのような流れを辿って行けば良いのでしょうか。交通事故が起きても、すぐには示談交渉を開始しないことが一般的です。しばらくは、被害者は、入通院治療を続けて、まずは落ち着いてから、話し合いをするのが良いです。死亡してしまったという場合も、葬儀などいろいろな手続きがあるので、そのような問題が全部終了してからです。

示談の明確な定めはありませんが、示談交渉前には準備しておきたいことはあります。特に交通事故直後の対応にはちょっと注意をしなければなりません。交通事故であなたが被害者になったという時には、相手が、逃げてしまうかも……ということも想定しなければなりません。